© 2015 Re:common word

Please reload

Recent Posts

「星とニット」 コラム : berg vol.1

October 18, 2015

 

 

 

小さい頃から作ることが大好きだったというbergさん。

お母さまやおばあさまの影響から手芸や料理などをしてきましたが、どうしても出来なかったのが洋服を作ること。洋服を作りたいという一心で、文化服装学院へ。

卒業後、初めて開いた展示のテーマは「リメイク」でした。作ることは好きだけど、モノで溢れている現代に自分から作り出すことに対して疑問を持ち始め、古着を使って作ることを始めました。

 

 

 

「卒業するころにちょうどエコで、ナチュラルなライフスタイルの雑誌をよく目にするようになって、

環境のことに興味がでてきました。アパレルと正反対というか…その頃、大事にモノづくりをしていた人がフューチャーされていた訳でもないし、ファッションの世界で勉強してきたから、流行が当たり前で、

次から次に新しいものができてはきえていくという流れで、作ることがちょっと嫌になってしまってね。

古着は誰かが着なくなったもので、一度洋服として生まれて誰かのもとに行くっていう流れの中で、

古着を使ってなにか作れたらまた違う何かが出来る気がすると思って。それがきっかけかな。

単純に古着が好きで、その風合いとか、新しいものにはない温かさとか、擦れ感とかさ、そういうのが好きだったというのもあったんだけど。」

 

 

 

リメイクの展示をきっかけに、古着の端切れで作ったコースターの展示を開きます。

そこで、自分の洋服をリメイクしてほしいというお客様と出合います。

初めてのオーダーは、子どもの頃におばあさまからもらったワンピースを何か違うかたちにしてほしいという内容でした。

 

 

 

「このとき初めて個人のオーダーを受けました。これをやらせてもらったときに…すごく幸せで。

なんだろう、嬉しかったんです。オーダーを受けた洋服には思い出がいっぱいつまっていて、

大事にされていたもので、「引っ越すときも、これだけは捨てられなかったのよね」とおっしゃっていました。カメラマンをされていて、リュックだったらよく使うからリュックサックを作ってと。そういう思い出話を聞いたりとかしながら、形とかを検討しながら打ち合わせをして、出来上がったときにすごく喜んでもらえて、私がやりたい根っこはこれだなって思ったんです。」

 

 

 

vol.2へつづく

 

 

berg(ベルグ)

着られなくなった洋服、思い出の詰まった洋服をリメイク、リユースしてバッグや帽子、
小物雑貨などのものをつくりをしています。

blog

 

==========

 

berg ・ 田中友紀 二人展       

「 星 と ニット 」 

 

 

開催場所
○キャトルエピス富士店
開催期間:2015年11月2日(月)~11月8日(日)
時間 :10:30~19:00
場所:静岡県富士市瓜島町152-2
TEL:0545-55-3388
*1日(日)は出展作家のお二人がキャトルエピス富士店さんの「みんなでカフェ」に参加します
*最終日の展示は17:00までとなります
*11月4日(水)は定休日です



○room103
開催期間:2015年12月11日(金)~15日(火)
時間:11:00~18:00
場所:東京都国立市北2-13-48-103
*最終日は17:00までとなります

 

 

展示の詳細はこちら → 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Please reload

Archive